タダシップの効果|頼りになりすぎる圧倒的作用時間

タダシップの作用時間の長さ

ひと口にEDといっても、その症状は様々。
・セックスしようとしてもなかなか勃たない
・勃っても挿入前にすぐしぼんでしまう
・勃起して挿入もできるが、中折れして最後までいけない
張本人としては、どれもものすごく辛いですよね…

でも、これらの症状はすべてタダシップで改善できます!
タダシップに含まれるタダラフィルには血行を促進させる作用があり、ゆっくりと効いてナチュラルに長時間作用します。
無理やり勃たせるのではなく、性的に興奮してから勃起するという本来の流れが実現するので、タダシップを飲むとまるでEDではないかのようにセックスを楽しめるのです!

最長36時間!タダシップの魅力は作用時間の長さにアリ

タダシップに即効性はないので、飲んですぐにギンギン!というようなことはありえません。
しかし効くのが遅い分、ゆっくりと効果がでるので、1錠だけの服用でなんと36時間にもわたって効果を期待できる!というのがタダシップ最大の魅力。
追加で服用することなく、いつでも勃起できるベストなコンディションがこんなにも続くなんて夢のようですよね。

ウィークエンドピルと呼ばれる理由

タダシップの有効成分タダラフィルは、時間をかけて体内に吸収・代謝されるのが特徴。
勃起効果が続くのは36時間ですが、タダラフィルが完全に体内から抜けきるのは服用からなんと60時間後と言われています。
金曜の夜に飲んでも日曜の朝まで効果があるこの持続力から、タダシップはウィークエンドピルという別名があるのです。
これだけ続くので、いい感じのときに効き目が切れる心配もナシ。
早めに飲んでおけば、女の子と泊まりで出かける時も薬を飲んでいる所を見られることなく安心!
タダシップはすさまじく頼もしいED治療薬なのです。

ナチュラルな勃起感で性行為に集中できる

タダシップには、半強制的に勃起させるような作用はありません。
勃起時でもウソのような痛いほどのガチガチの硬さではなく、若い頃の自分に戻ったかのような自然な硬度での勃起を実現します。
勃起のタイミングにも硬さにも違和感がないので、安心してセックスに集中することができますね!

タダシップを使いこなす!上手な服用方法

タダシップの正しい服用方法

タダシップは服用後1時間後くらいから効いてきて、だいたい3時間後にピークを迎えます。
そのため、ことに及ぶであろう1~3時間前にタダシップを服用するのがベストなのですが、実際のところ効き目の現れ方には個人差や体調が関係してくることも。
ベストな状態でセックスを楽しむためにも、自分にとって一番効果的な飲み方を知りましょう!

3時間前なら安心!?早めの服用が鉄則

「タダシップは服用後1時間後から徐々に効きはじめて、3時間後にピークを迎える」
これが一般的なケースなのですが、当たり前ですが飲んだ全員が同じように作用するわけではありません。
1時間で確実な効果を実感する人もいれば、2~3時間後にやっと効いてきたかな?となる人もいるワケです。
飲む前から自分がどのタイプかはわからないので、セックスのおおよそのタイミングがわかっている場合は3時間以上前から服用しておくことをおすすめします。

もしもタイミングがわからないといった場合は、女の子と待ち合わす前や夜遊びに出かける前に飲むのはいかがでしょうか。
タダシップの効き目は36時間も続くので、早めに仕込んでおけば間違いなし!
持続時間が長いと、タイミングにあまりこだわる必要がないのが嬉しいですよね。

食べもの・飲みものの選び方で効果が変わる

タダシップは、ED治療薬の中では食事の影響を受けないと言われています。
それでも、全く受けないということではありません。
ガチガチのルールではありませんが、
800キロカロリーまで
→例えば吉野家の牛丼・鍋焼きうどん・ラザニア・ミートソースパスタなど
気になる場合はきちんと調べましょう
・高カロリー・油っこい食事は避けた方がよい
→あっさりした和食がベター
・アルコールもなるべく避ける
→飲みすぎる注意!飲まないかほどほどにとどめましょう

などがあり、影響が少ないと言いつつもやはり空腹での服用が一番効果的です。
これらのルールをきちんと守ることによって、タダシップの効果は最大限に発揮されます。
少し面倒に感じても必ず守るようにしましょう!

タイトルとURLをコピーしました