タダシップの副作用|どんな症状に気をつければいい?予防策は?

タダシップの副作用

「ED治療薬は飲んだことがないけど、タダシップを飲んでみたい」
という方がまず不安に思うことは、主に副作用についてではないでしょうか。

その他に、別のED治療薬を飲んで過去に副作用が出た方にとっても少し怖いイメージがあるかもしれません。

タダシップには副作用があまりなく、出ても比較的軽いと言われていますが、それでも全く知らない状態だと当然不安ですよね。

ここでは、タダシップの副作用や併用禁忌薬、そもそも服用が禁止されているのはどんな人か?といったところまで深く掘り下げていきます。

副作用の症状やもしものときの予防策を知っておけば、どんなときでも安心してセックスに集中できますね!

頭痛やほてりが起こるのはタダシップが効いている証

タダシップを飲んだときに起こる副作用として、頭痛や体が熱くなるといったことがよくあります。

しかしこれは、タダシップの有効成分であるタダラフィルが勃起を助けるために血管を拡張するから起こっているということがほとんど。

だいたいが短時間で終わる一時的なものなので、心配しすぎなくても大丈夫です。

その他には、「消化不良」「動悸」「筋肉痛」「倦怠感」「鼻づまり」の症状があらわれる方もいます。

市販の頭痛薬・鼻炎薬を飲んでもいい?

もしもタダシップを飲んだ後に頭痛や鼻がつまった感じがしたら、迷わず市販の薬を飲んで大丈夫!

ドラッグストアなどで売っている頭痛薬や鼻炎薬は、タダシップと併用しても勃起効果を妨げたりしません。

ですので、もしもの場合はセックスに専念するためにも、体調を最優先してすぐに市販薬を頼りましょう。

何時間も勃起状態が続くのは効果ではなく副作用

万が一、タダシップを飲んだ後に勃起状態が数時間も続くといった現象が起きたら、それは効果ではなく副作用

持続勃起症といって、性的興奮や刺激などとは関係なく痛いほどの勃起がずっと続いてしまうものです。

時間がたてばおさまる場合がほとんどですが、最悪の場合は病院に行く必要も出てきます。

そんな持続勃起症がどういった時に起こりやすいかというと、だいたいは用量を守らず多めに服用したとき。

安全にセックスを楽しむためにも、用法・用量は必ず守りましょう!

タダシップと併用してはいけない薬がある

タダシップの併用禁忌薬
頭痛薬や鼻炎薬のように、タダシップと併用してもなんの問題もない市販薬がある一方、絶対に併用してはいけない薬も存在します。

そのような薬を併用禁忌薬といいますが、もしも併用してしまった場合、思わぬ副作用や体に悪影響が起きる可能性があるので注意してください。

以下の薬の併用はダメ、絶対!
・硝酸剤(ニトロ製剤)
・β遮断薬の一部
・緑内障の治療薬の一部
・降圧剤
これらは、飲み薬・貼り薬・点眼などどのようなタイプでも併用してはいけません。
いつも飲んでいる薬がある場合は、その薬がこの中のどれかに当てはまるかどうかをしっかりと確認しましょう。

もしも併用してしまった場合、
・薬が効かない
・副作用が出すぎてしまう
・作用時間が短縮される
・血圧が下がりすぎて最悪の場合死んでしまう
などが起こる可能性も…
命の危険が出てくるので、必ず注意しましょう。

タダシップを飲んではいけない人がいる

身体の状態によっては、そもそも絶対にタダシップを飲んではいけないという人がいます。
それは主に以下の場合。
タダシップを購入する前に、自分が関係あるかどうか入念にチェックしましょう。

・肝臓や腎臓が悪い
・血液の病気がある
・過去にタダシップ(シアリスや他のシアリス・ジェネリック含む)でアレルギーを起こしたことがある
・狭心症など心臓に病気がある
・低血圧もしくは高血圧

これらに当てはまる方は、絶対にタダシップを飲んではいけません!
服用できないのは非常に残念ですが、命と健康がなによりも大切なので必ず守りましょう。

タイトルとURLをコピーしました